読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主で何が悪い

ライブになるとすぐ泣くタイプ。

素直なファンでいられなかった。

雑談 ライブ

 

はい。タイトルの通りです。

かれこれライブに行き始めて4年、もうすぐで5年目突入です。

行けて良かった、最高だった!なんてライブは数え切れないほどあるし、

逆にあの客腹立つな~、パッとしないライブだったな、ってのも割とある。

後者のライブが終わった時いつもこのツイート思い出すんですよね。

本当にこれだなって。ライブ行けるだけで幸せ!っていう感情、どこに置いてきたんだろう。

いっつもライブのたびに何か考えてしまって、たまに考えること自体がしんどくなったりして。それが別にメンバーに届くわけでもないのに。

ライブに行って、演奏を聴いて、ステージの彼らを観て、キャーキャー言える素直なファンでいたかったなって思ってしまう。

 

私事ですが、年末のフェスであるバンドのファンを完全に降りまして。

まあワンマン自体行ったのも2年前とかなんで、ファンを自称して許されるのか疑問なところではあるけれど。

タイテが発表された時、自分がそのバンドを初めて見たときみたいに、超大手と被っていて。悩んだけど久々に見ようと思って、足を運んで。

いざライブが始まったら、自分のイメージしてたノリと実際のオーディエンスのノリが予想以上に全く違ってて。あぁ今度こそ辞め時なんだなあと察してしまった。

そもそもワンマンに行かなくなった理由が、一時期起きたバンドブームによるチケットの取れなさ、メジャーデビューで曲が好みじゃなくなる、そして周りのファンとの考え方の違い、というサブカル女子もビックリな理由なんですけど。

まあ要するに疲れたんですな。チケットの倍率と自分の熱意が釣り合わなかった。

そして何よりも、こうやってフロアのノリにずっと文句言ってるファンのままでいたくなかった。

割とこの理由が大きいかも。

よく何でもかんでもケチつけたり、昔は〜って言う人がいるけど、言うのは自由だと思う。だけど文句を言っていいのはその事柄に対してお金を落としてる人だけだ、って持論があるので。自分にその資格は無いなと思った。

というか、こんなこと考えてる時点で結構痛いファンだなって自覚はあるんですけどね。バンド側からしたら、大した金も落としてないやつが一人消えただけだし、メンバーに伝わるわけでもないし。

フェスの時、最後にボーカルさんが、裏で被ってたバンドのワンフレーズ歌ってくれて、それが自分が初めて観た時と全く同じことしてて。何かもうそれが嬉しくて嬉しくて、めちゃくちゃ泣いて、最後の最後に驚くぐらい未練無くなりました。そこには感謝しかない。

 

んでまあ、こんな長々と何が言いたかったかというと、

もっと素直に楽しめてたら、まだファンでいれたんじゃねぇの?っていう。

だってね、年間13本観てた時もあったんですよ。そこまで好きだったのに、ただ自分が考えすぎてしんどい、って理由だけで全部終わってしまった。

そして今好きで追いかけてるバンドに対しても、いつそういう感情になるか分からない。もうただの恐怖だよこれ。自分で自分の趣味つぶしてたら世話ねぇよまじで。

 

 

もうひとつ、別件でモヤってることがあるんで、それも書いちゃいますが。

少し前に荒れてたあれっす。おめぇ最前にいつもいるよな問題。

先に自分の中の結論を書いておくと、あれは8割方ファンが間違ってると思う。

というのも、まずバンドマンがフロア、ましてや最前についてSNSで発信すること自体異様なことだし、その時点でファンに非があるんではなかろうか。

そもそもバンドマンって「お前ら自由に楽しんで行けよ、俺らも自由にするからな」っていうスタンスじゃないですか。そこは動員が例え5人であろうと3万人であろうと、変わらないと思うし、変わっちゃいけないと思うし。

んで、この場合の❝自由❞っていうのは「周りの事は顧みなくて良い(物理)」じゃなくて「普段のしがらみとかは忘れて、何も考えない(心理)」って意味だと思ってるんですけど。ここ履き違えてる人多くないすか。

ていうか前者は普通にクソ客じゃね…?って今文字打ちながら思ったわ。

話戻すと、最前にたまにならまだしも、いつもいるわけです。そのお方たちは。ということは、毎回物理的に自分のスペースを作ってるわけだ。

だってそうでしょ、いつも良い整番がくるわけがない(てか来ること自体が普通は珍しい)し、あの熾烈な人の中を掻き分けて一番前にいるわけですから。

それを踏まえて考えてると、バンド4つ掛け持ちしてて年間120本もあるはずのライブにほぼ半分は最前に同じ人がいるだとか、日本人よりゴツい人が多いであろう海外公演にも関わらず最前見ると同じ日本人が常に陣取ってるとか恐怖しかねぇよ…。

でもコメ欄見てると「ファンに向けていう言葉じゃない」だの「調子に乗ってる」だの。まじでびっくりした。しまいには「金払ってるのに失礼」「育ててくれた恩は?」とかもあって。なんだ?金さえ払ってたら周りの事もバンド側の事も何も考えずに行動していいってか?

それは「お客様は神様」の思考と何が違うんでしょう。

あなたと同じチケット代、私も払ってるんですけど。ってなりません?その考えで行くと。みんなで仲良く最前で観ようね!ってか。幼稚園のかけっこ競争か。

確かにバンドマン側の書き方も悪かったと思う、これは同意。下手したら個人の特定までできるわけだし。言い方、大事。

ただやっぱり今回ばかりはファン側の問題だと思うなあ。結局、最前にいることを辞められないのって、エゴでしょ。特定のメンバーをじっくり見たい、間近で見たい、あわよくば認知されたい、的な。

バンドマンにそう思った時点で負けじゃないですか。だって彼らは音楽を売りにしてるんだから。特定のメンバーを推した時点でバンドファンとしては間違ってるんですよ。

これTwitterじゃ綺麗ごとだって書かれてたけど、自分はそれでもバンドは演奏が、音楽が売りだって言いたい。

極端な話をすると、バンドってメンバー名が分からなくても、ライブ自体は楽しめるじゃないですか。最低限、バンド名と曲名だけでも分かっていれば。

それに対して、某アイドルグループだとか舞台俳優ってなってくると、個人の名前分からないとライブもイベントもつまらないと思う。いや、今ソロ歌ってるの誰?ってなるでしょ絶対。

こういう考えもあって、バンドマンに推しを作った時点で、その人は顔ファンに近いものだと思ってる。

そもそもなんですけど、最前ってそんない良いものなんだろうか。自分も数回行けたことあるけど、視野狭くなるし、スピーカー近すぎた記憶が。そりゃ最前ってやっぱり特別感はあるし、無理なく行けるときは行きたいけど、毎回毎公演、すべて行きたいかって聞かれると確実にNOな気が。

「人間はある程度の金額と気力をぶっこむと引っ込みがつかない」というフレーズが、自分の大好きなブログによく書いてあるんですけど、最近まさにそうだなって自分も実感してて。んでもって、今回の件にも割と当てはまるんじゃないかなと。そんな気がしてる。

 

はい、何が言いたいんやって文章になってきたのでこの辺にしておこう。

別に元から着地点があったわけでもないし、何なら単なる愚痴エントリだったので。長々と書きすぎた。

ただ、やっぱりTwitterだとこんなに書けないし誰が見るかも分かんないんで、こっちで書いてよかったかなと。めっちゃスッキリした。

他の人に話すにしても、こんな熱く語ったらキモがられるの必須なんで、こういう時ブログはすごい助かるよなあ。これからも活用しますね。文章力は皆無ですが。

 

何やかんやと文句を言いつつ結局これからも、自分はライブに行くんでしょうな。

急に冷める日が来ない限りは。

それまで精いっぱい楽しめたらいいなと思う限りです。

以上、くそどうでもいい話でした。おわり