読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主で何が悪い

ライブになるとすぐ泣くタイプ。

12/20 MONOEYES

ライブ

お久しぶりのワンマンライブ。

f:id:clutch110:20170102144433j:plain

前回のツアーでZeppなんばがまさかの出禁になっていたらしく、大阪だけハッチが会場になっている今回のツアー。

前日が柵なしって聞いててワクワクしてたけど、いざ入ると柵があってあれ!?ってなったりw

譲ってもらったチケットの整番がかなり良く、軽々と2列目の柵をゲットして待機。

いざライブが始まると、まあ押しがすごい。ここ2柵目だぜ!?普通なら割と棒立ち多めの場所だよな!?こういうところに、みんな戦闘態勢なのかと地味に実感してしまった。

前のエリアのモッシュがすごい楽しそうで、ダイバーもビュンビュン飛んでて、それでもじっくり曲聴くんや…!と耐えてたけど、細見さんがI'm walking on the〜って歌い出した次の瞬間、柵乗り出してダイブしてた。

いや、もう、衝動耐えきれなかった。無理。やられた。

知り合いの細美さんガチ勢のお姉さんは、この曲が一番好きって言ってたけど本当に分かる!(ダイバー多すぎて結局落ちたけどな!!!!)

個人的に、初っ端のMCから細美さんがピックとかサインのことに触れてきたのは意外だったなと。やっぱり何かしら思うところがあったんだろうか。

その話の直後に、スコットが投げたピック巡って雪崩れが起きたのには流石に苦笑いしてはったな。そりゃそうだ。自分は(そりゃ欲しいが)もらえたらラッキー!ぐらいやけど、世の中にはそれが絶対欲しくて入り待ち出待ちをするタイプの人もいるからなあ。言ってしまうと、マウンティングしたくて欲しがってる人もいるだろうけど。

まあでも、今回言ってたことは「たかがサインやピックには価値がない、だから高値で売る意味が分からない」って感じだったから、また別の話になるのかもしれん。何だこれ文書下手か。

細美さんのこういう、誰もがあんまり言わないことをズバッと言ってくれるあたりが大好きだ。あぁ自分たちに嘘ついたりしないんだろうな、って信用できるし。純粋な気持ちで聞けるんだよな。

で、その後もスコットのお父さんとpancake ballの話とか、トディの炎上wの話をちょこちょこして、ライブ再開。

Wish It was〜を聴けたのは本当に感動しかなかった。ただ、曲前に「それでは聞いてください、雪が降ったらいいのにな」って胸張りながら言うから!!笑ってしもた!!ギャップ!!曲自体はすごい綺麗やのに!!!

(ぶっちゃけると、楽しすぎて記憶あやふやなので、曲とMCの順番かなり前後してる…あしからず)

今回はシングルの「Get Up」を引っさげてのツアーだけど、この曲がまた憎い。MVはパリピだし曲調だってしっとり聴くタイプじゃ無いし、それなのにすごい背中押される。歌詞が憎い。MVに出てくる和訳が憎い!!!そして曲前にするMCが本当に泣かしにきてた。

MCといえば、Run Runに繋がる話(実際はWhat I〜の前にしてた)がとてつもなく好きで。ある少年の話なんですけど。

その話の後に細美さんが「倒れてる奴がいたら大丈夫!?って駆け寄って行くんじゃなくて、いけるだろ!って腕を掴んでやるのがお前らだ」って言うのがいつも印象的で胸に刺さる。

世間一般的な考えなら、間違いなく前者が正しい。思いやりの心は大事。でも偽善者ぶってするぐらいなら、やめちまえ!って言ってくれるのがいつも細美さんで。

落ちこぼれだろうが、箱に逃げて来てようが、今だけは全部関係なくここがお前の居場所だ!っていつも伝えてくれる。

本当に"細美武士"という人物に、"MONOEYES"というバンドに、出会えて良かったと心から思う。

 

そして最後、今ツアーでは初のダブルアンコール。袖から出てきてくれたメンバーには感謝の気持ちしかない…。

色々と沁みて、泣いて、笑って、燃焼したライブでした。バンドって素敵だなあと再確認できた。最高に熱い夜でした。

 

-セトリ-

 1. Moth To Flame

 2. Like We've Never Lost

 3. Do I Have To Bleed Again

 4. Cold Reaction

 5. My Instant Song

 6. End Of The Story

 7. Get Me Down

 8. When I Was A King 

 9. Borders & Walls 

10.Remenber me

11.Get Up

12.明日公園で

13.Wish It Was Snowing Out

14.What I Left Today 

15.Run Run 

16.グラニート

-en-

17.Just A Little More Time 

18.Somewhere On Fullerton 

-en2-

19.My Instant Song