読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主で何が悪い

ライブになるとすぐ泣くタイプ。

〈番外編〉0408 ハイステ再演

ずっとライブの感想だけじゃ(自分が)飽きてくるので息抜き。

f:id:clutch110:20161022111039j:plain

「ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!"頂の景色"」通称ハイステ、を春に観劇してきました。そう、最近話題の2.5次元舞台ですね。

 

そもそも何で見ようかと思ったかというと、今年に入って突然ハイキューにどハマりしたのが原因。丁度のめり込んだ時に、偶然チケットの譲りを見つけてしまったわけで。原作を好きになったからには一度くらい見ておくべきか...と簡単な気持ちで譲っていただいたわけです。

ハマった作品には後先考えずお金落とすタイプあるある。まあこれがダメやったね。結果、完全にハマりました。

 

正直、舞台とか完全に興味なかった人間なので完全になめてかかってた。「どうせよくある実写化的な感じでしょ?」と。(見た目云々よりも、ストーリーを改悪されるパターンが嫌なので実写化は好きではない。)

で す が

実際に見てみて、本当にびっくりした。原作に忠実どころか、本当にキャラが目の前で動いているわけですよ。日向が「俺にトス、持って来い!」とか叫んでんの。すっげぇ...としか思えなかった。そりゃ人気も出るわけだ。

みんな凄かったけど、特に月島、影山、田中、西谷あたりがここは2次元か!?と思わされるぐらい演技うまくて驚いた。動くたびに「ツッキーがおるぞ...」「やばい、ソイソイソォイを生で聞ける日が来るとは」「すげぇ。まじでコートの王様やんけ」と思わされてしまった。もうこの時点で2.5次元やべぇやつだわ、と。(語彙力もやばめ)

 

ハイキューでは、主人公のライバル校副主将の岩ちゃんこと"岩泉一"をダントツ推ししてるんですけど、今回の舞台にもちゃんといてくれたことに感激した。ただ、あんまり出番なくて特別筆記することがない……それだけが残念。

あと、今回は車椅子エリアの後方席だったんで、出口がすぐそばにあったんですけど、及川役の人が客席降りした後に、まさかの捌けるのがその近くの扉で。目の前通る!と思った瞬間に何かに引っかかってつまずいたところを目撃してしまったよね。ちょっと笑ってしまったけど何か得した気分になったのでした。

 

見に行ったのが初演じゃなく再演だったこともあり、新作続編を知ってしまったので、帰るころには「新作見に行くしかねぇな」にまで進化してました。

それとこれは後で知ったけど、自分みたいに原作が好きで観劇する人もいるけど、多くの人は自分の推してる演者(若手舞台俳優ってやつですね)を見たくて観劇してるってことを知りました。勉強になった。

自分はまだ推しの俳優まで見つかってないのでのんびりストーリーを楽しんでおこうと思う。続編のチケットは無事に確保したので今からかなり楽しみ。

 

 

後、最近よく言われるけどこれだけは言っておきたい。

 

自分は決しておたくではない。