読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主で何が悪い

ライブになるとすぐ泣くタイプ。

[Champagne] はもういない

We Come In Peaceツアー初日。横浜アリーナ公演に行って来ました。

以下、ネタバレしかないので、これから行く予定の方はブラウザバック推奨。

f:id:clutch110:20161121043516j:plain

正直、全く行く予定の無い公演だったはずが、気づけば横アリの前にいてましたね。

何で行くことを決意したかと言うと、自分の中で色々と思う事があったからで。たぶん他の人からしたら、だから?って感じの事だと思うけど、自分の気持ちの整理のためにもここで書いておこうと思う。

まず、今回のツアーは前提として

チ ケ ッ ト が 全 く 取 れ な い

まじでこれに尽きる。ツアー日程が発表された時から激戦なのは予想してたし、分かってはいたけど、まさかここまでとは…。

学生最後のツアーやし、今回は行けるところ行ってやろう!と前半戦は仙台から金沢まで全箇所申し込んで。CD先行から始まり、CREW、モバイル、e+複数、一般。これだけ先行あったにも関わらず、チケットは何と1枚も取れず。どういうことだってばよ。

特に、CREW先行で1枚も当たらなかったのはすごいショックで。入会してるから当選するわけじゃない、っていうのは理解してるけど、やっぱり1枚ぐらい当たると思ってたから、すごい心が折れてしまった。(前回、前々回のFCライブも全滅だったので尚更)

そんな調子で落選メールを眺める日々を過ごしてたわけです。そして、こりゃツアー後半戦に賭けるしかないか…と諦めた時に「EXIST!」がリリースされて。もうね、本当に衝撃だった。自分が初めて[Champagne]に出会った時並みの衝撃。曲がとにかく良い。特に良かったのがシングル曲じゃなく、初めて収録された曲。方向性も(良い意味で)バッラバラで度肝抜かれた。

「ライブに行くしかない」

まじでそう思わされた。でもチケット無いし…って考えてた時にふと横アリのことが頭によぎって。そういやなんで自分、他のところは遠征する気満々やのに、横アリは選択肢に無いんだ?と。

結果思いあたったのは、自分が[Champagne]を引きずってた、ってことで。

ファンになってから、ツアーはずっと箱で見てきたし、バンドが指定席なんて…っていう謎の意地と偏見持ってたんだなと。これがよくある「昔は良かった」ってやつだなと。そこに気づいてすごいハッとなって。

今自分が応援してるのは名前は変わったけど、メンバーも曲も何一つとして変わってないバンドなのに、いつまで改名前の話してんだろうと。そんな自分に嫌気がさしてきて、もう横アリ行くしかないだろう!と決意したわけです。

決意までが長いわw

 

 

 

やっとここからライブの感想。

まず照明が落ちてOPムービーが始まり(スターリンなどの宇宙関連)、メンバーの名前がドーン。そこでメンバー登場からの、ムーンソング。ほんっっっとにステージ映像と曲がすごい合ってて。

しかもムーンソングは今回のアルバムで一番好きで。特に、

「眩しかったあの時代を 昨夜不意に思い出した」

「胸の奥底痛むよ 断片的でしかないくせして」

ここね。すごい今までのこととか、色々なことを考えて聴いてしまうから、余計ジワっときて。開始早々に普通に泣いた。初っ端から勘弁してくれ…。

でもここでしんみりした空気をぶっ飛ばしてくるのが、彼らなんですよね。まさかの2曲目からバーガーとフォーフリ!ここで!?え、アルバムツアーだよね!?ってなったわ。

続いてKaiju。これは思ってた通り良かった!リズム隊キレッキレやし、ノリやすいし、何より英詞だし。(基本的に英詞曲を全力で推すタイプw)フェスで盛り上がるだろうなあ〜。

ClawとO2はライブ映えする曲な気がした。音源より5倍ぐらい良い!!!ってなった。

AoyamaとFEEL LIKEは完全にオシャレソング。(雑い)

そして次にまさかのTheとtokyo2pm!ミックスされた感じでアレンジすごい!初めて聴いた…。まーくんのギター縦持ちで両手弾きしてるのすっげえ好きなんですよね。伝わってくれー。

そこから怒涛の勢いで飛ばしますドロスさん。まさか、まさかね、ロクロラ→猫2→cityの流れが聴けると思ってないやん!?ていうかロクロラ聴けたのいつぶり!?はあ!?っていう。ちょいちょいセトリにはあったみたいやけど、自分が最後に聴けたのは1年半前ですぜ…。もうテンション最高潮なった、これはまじで。あの独特なイントロ鳴り響いた瞬間の気持ちの昂り、やばかったです。

ちなみに猫2では、まーくんが地元横浜と、横アリへの愛を叫んでた。

最高の流れが終わった後に、クソッタレな貴様らへをブッ込んでくる最高さ。というか今考えたら、この流れ完全に皮肉だったりするんだろうか。流石に考えすぎ?w前作のワンテンポからさらに進化してノリにくい変調のオンパレードの曲。ドロス節炸裂!!って感じだった。

やっとここでMCが入ったはず。(うろ覚え)

「地元神奈川で、しかも初日から横アリでライブができるのは嬉しい」「初日だけどファイナルの気分でやってる」「俺たち 3 人 にとっては地元…」すかさずヒロさんが「俺も住んだことあるから!4人暮らししてたじゃん!」とツッコミ。

猫2で白井氏の叫び聞くまで、神奈川がメンバーの地元なことをすっかり忘れてたことは心に秘めておこう…。

終盤戦に突入宣言されて、バラード歌います、と。ついにきたか、今まで君が泣いた分取り戻そう。タイアップされた映画のイメージ強すぎてずっと戸惑いが大きかったけど、ちゃんとライブで聴いてみたら、なんてことないリズム隊がバッキバキのバンド曲でした。その割に歌詞がすごいラブソングだから、まあギャップが凄い。

曲が終わり、洋平さんが「うちらは音源と全く違うアレンジをするから、ライブで聴くと全然違ったりするんですよね」的なことを言いSwanへ。

もう正直に言うけど、めちゃくちゃ笑った。「何か聴いたことあるアレンジじゃね………サンバ調だこれ!?!?!?」ってなりました。サトヤスの出番増えすぎわろた。ラスサビ突入前とか完全にサンバでしたよね!?曲前のあのセリフは伏線だったのか?ってなったわ。

一通り笑った後に、ラナウェイ→NEW WALLで締め、本編終了。

 

アンコールはサブステで。まずはワタリドリ。楽器が元に戻ってたけど、こっちの方がやっぱり好きだ。歌詞の四重奏が五重奏に変わってて、おっ!っとなったり。

かと思えばロゼさんがステージから捌けて「4人水入らずになりましたね。」からのフォーヤン。卑怯すぎ。ウルッときた。

そしてもう一発、「もう一曲やっていいですかー!?ていうか俺らの曲を聴いていけ!!!」でメインステージに移動からのドンファク!!!!!!「爽やかな曲しますからね、俺たちすごい爽やかだから、ね!」とお決まりのフレーズ聞いて曲分かってはいたけど、やっぱりワクワクするな!!

(メンバーが移動してるとき、ファンにジャケットや腕掴まれたりしてるのがモニターに映ってたことには目を瞑りますね。ご愁傷様です。)

ドンファクはね〜白井眞輝というギタリストが大好きな私には本当にたまらん曲なんですね。最後の最後にぶっ込んできてくれてありがとう!!!!!(ギターソロくそカッコ良かった)(そして思ってたより長い)(入るタイミングを低姿勢でずっと伺ってるフロントマン)(ニヤついてしまった)

 

ただの乱文長文になったけど、個人的に初日はずーっとこんなテンションのライブだった。まあとにかく最高でしかなかった。あんなに1人で勝手に悩んで選んだ公演だったのに、結局蓋を開けてみるとただの古株ホイホイセトリだったしなあ…。

もちろん新しくファンになった人たちも惹きこめるライブでもあったけど。でも、もし自分と1mmでも同じ気持ちの人がいるならば、そういう人にこそ行ってほしいツアーだなと思った。

 

帰りのバスの中で、もうあの頃のシャンペはいないんだな~ってぼんやり考えた。始めての武道館公演の時と比べて、演出も照明もすごい凝っていて、ストリングスもかなり増えたし、フロントマンはハンドマイクで走り回ってた。でも根本的に間違ってたなと。ライブに行って、曲と演奏を聴いて、彼らの言葉を聞いてると、偶然名前が変わっただけで、目の前にいるのは[Alexandros]であり、進化した[Champagne]だった。ただそれだけ。こういう結論に達した。

我ながらただのファンのくせに考えが重いしキモいwでもすごいスッキリしたから良いのだ。やっぱり自分は4人の音楽が好きだし、これからも世界一を目指す彼らを追いかけるしかないんだろうな、と思わせてもらった最高の夜だった。夜行に飛び乗って正解だったな〜。

 

そして余談ではあるけれど、チケット譲ってくれた人がめちゃくちゃ良い人で、自分の夜行バスに合わせて終電まで付き合ってくれたんだぜ…。超いい人だった…。とても綺麗なお姉さんでした…。

 

-セットリスト-

 1. ムーンソング

 2. Burger Queen

 3. For Freedom

 4. Kaiju

 5. Claw

 6. Girl A

 7. Kick & Spin

 8. O2

 9. Aoyama

10.FEEL LIKE

11.The

12.tokyo2pm36floor

13.Buzz Off(Interlude)

14.Rocknrolla!

15.Cat 2

16.city

17.クソッタレな貴様らへ

18.今まで君が泣いた分取り戻そう

19.Swan

20.Run Away

21.NEW WALL

-en-

22.ワタリドリ

23.Forever Young

24.Don't Fuck With Yoohei Kawakami

 

 

 

 

 

 

 

1007 SPECIAL ISSUE!!! FINAL!!!

f:id:clutch110:20161022144058j:plain

スーパーウルトラDX楽しかった!!!!!!(意味不明)

メンツが発表された時点で「あ、行く以外の選択肢ねえや」ってなった。こんだけ揃ってて¥3000っておかしいから!破格よ、破格!豪華にもほどがある。(ソールドしてなかったのは正直ビックリした)

1発目は鳴ル銅鑼。今年のミソフェスで規制のために泣く泣く諦めたバンド。やっとリベンジ!

2番目にCRAZY興業。正直、売れてないの不思議なぐらい良かった。ポスト四星球的な感じはあったなw

どっちのバンドも初見やったけど、両方とも好みすぎた。ドンピシャ。とりあえず速攻でTwitterフォローしておいた。

3番目に四星球…だったはず…。残りのバンドは全部目当てすぎて覚えてないっす。痛恨のミス!まあスーシンは安定の楽しさだった。後、割と年齢層が高めで、各バンドとも昔からのファンらしき人が結構いた。スーシンもそうで、バラード調の曲の時に泣いてる人多くて、思わずもらい泣きしそうになったり。

ここからはまじで覚えてないので順番省略。打首はフロア荒れたね〜。ファンはみんな米T着てるから1発で分かるな!デリシャススティックの後のフロアはうまい棒の油で超滑るからまじでビビるぞ。とりあえず楽しかった(語彙力の欠如)

そしてミソッカス!!ミソフェスぶりか!!都会のシンデレラ聴けたの嬉しすぎたわこのやろう!!!ただ、新曲多すぎてついていけなかったのでかなり反省した。ちゃんと新アルバム買うね…。許して…。

そしてそして!ベストアクトです!バクシン!演奏もフロアもCOOLです!本気で楽しかったけどま〜〜〜じで体がやばかった。もうライブ終わった後、完全燃焼すぎて笑ったわ。声がガッサガサ。さらばが本当に好きすぎて普通に泣きながらモッシュしてた。我ながらキモい。近くにいた兄ちゃんと目があって、思わず飛ばしてもらえたのも良い思い出である。ありがたい!初めてバクシンで飛んだぞ!楽しすぎて何の曲だったかは忘れたけどな!

本当に本当に楽しすぎた。名古屋でのライブは毎回ハズレがない。個人的にダイホめちゃくちゃ好きな箱だし。

これを企画したちょこたんさんも、すごい良い人だった!出演バンドマンみんなから愛されてたなあ〜。さすがにウォールオブデスの真ん中で潰されてたのには笑ったけど。

最初で最後の参加になってしまったけど、またいつか復活する時があれば、ぜひ参加したいなと思います。

 

-バックドロップシンデレラ セトリ-

 1. およげ!たいやきくん

 2. 歌わなきゃジャクソン

 3. 台湾フォーチュン

 4. ベルリントロンボーン

 5. COOLです

 6. だんご三兄弟

 7. さらば青春のパンク

 8. 月明かりウンザウンザを踊る

 9. 池袋でウンザウンザを踊る

-en-

10.池袋のマニア化を防がNIGHT

 

 

〈番外編〉0408 ハイステ再演

ずっとライブの感想だけじゃ(自分が)飽きてくるので息抜き。

f:id:clutch110:20161022111039j:plain

「ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!"頂の景色"」通称ハイステ、を春に観劇してきました。そう、最近話題の2.5次元舞台ですね。

 

そもそも何で見ようかと思ったかというと、今年に入って突然ハイキューにどハマりしたのが原因。丁度のめり込んだ時に、偶然チケットの譲りを見つけてしまったわけで。原作を好きになったからには一度くらい見ておくべきか...と簡単な気持ちで譲っていただいたわけです。

ハマった作品には後先考えずお金落とすタイプあるある。まあこれがダメやったね。結果、完全にハマりました。

 

正直、舞台とか完全に興味なかった人間なので完全になめてかかってた。「どうせよくある実写化的な感じでしょ?」と。(見た目云々よりも、ストーリーを改悪されるパターンが嫌なので実写化は好きではない。)

で す が

実際に見てみて、本当にびっくりした。原作に忠実どころか、本当にキャラが目の前で動いているわけですよ。日向が「俺にトス、持って来い!」とか叫んでんの。すっげぇ...としか思えなかった。そりゃ人気も出るわけだ。

みんな凄かったけど、特に月島、影山、田中、西谷あたりがここは2次元か!?と思わされるぐらい演技うまくて驚いた。動くたびに「ツッキーがおるぞ...」「やばい、ソイソイソォイを生で聞ける日が来るとは」「すげぇ。まじでコートの王様やんけ」と思わされてしまった。もうこの時点で2.5次元やべぇやつだわ、と。(語彙力もやばめ)

 

ハイキューでは、主人公のライバル校副主将の岩ちゃんこと"岩泉一"をダントツ推ししてるんですけど、今回の舞台にもちゃんといてくれたことに感激した。ただ、あんまり出番なくて特別筆記することがない……それだけが残念。

あと、今回は車椅子エリアの後方席だったんで、出口がすぐそばにあったんですけど、及川役の人が客席降りした後に、まさかの捌けるのがその近くの扉で。目の前通る!と思った瞬間に何かに引っかかってつまずいたところを目撃してしまったよね。ちょっと笑ってしまったけど何か得した気分になったのでした。

 

見に行ったのが初演じゃなく再演だったこともあり、新作続編を知ってしまったので、帰るころには「新作見に行くしかねぇな」にまで進化してました。

それとこれは後で知ったけど、自分みたいに原作が好きで観劇する人もいるけど、多くの人は自分の推してる演者(若手舞台俳優ってやつですね)を見たくて観劇してるってことを知りました。勉強になった。

自分はまだ推しの俳優まで見つかってないのでのんびりストーリーを楽しんでおこうと思う。続編のチケットは無事に確保したので今からかなり楽しみ。

 

 

後、最近よく言われるけどこれだけは言っておきたい。

 

自分は決しておたくではない。

 

 

0918 イナズマロックフェス

初参加!滋賀で唯一の夏フェス!

f:id:clutch110:20161022143856j:plain

冗談抜きで天気が悪かった。(今回iPhoneケースは悪くない。)

連日台風が日本に上陸したり、停滞してる中での夏フェスでした。寒すぎて全く夏らしさがなかったけどな!

ということで、結論から述べると、途中で中止になった。チャンチャン♪

 

……とまあ、これで終わるのも味気ないので、観れたバンドの感想だけでも書こうと思う。

 

一発目がフォーリミ。だかしかしbut、シャトルバスが予想以上に混んでたので終盤しか見れず…なんてこった。TerminalラスサビとSwimは聴けたので楽しかったしまあ良しとしよう。

そのまま待機してオーラル!一緒に行った子は、オーラルがイナフェスのフリーエリアに出た時からずっと参加してる子なので、大きいステージに立ってることにすごい感動してた。フォーリミもやけど、本当に最近の若手バンドマンは快進撃すごいな。オーラルもめちゃくちゃカッコ良かった。

ただ、「やまたくはいつの間にギタボやめたん?」って聞いてしまったのは許してほしいw

そこからUVERのメンバー御用達のたこ焼きやら何やらを買い、腹ごしらえ。この辺りから天気が崩れてきたんですよね。

その後は自分のわがままに付き合ってもらい、MAGIC OF LiFEを観に行きまして。某自転車アニメの主題歌してたから気になってたので。自分が1番聴きたくて待機してた曲はまさかの別バンド、ってことを後ほど知るわけですが。(調べて行けよ)でも、そういうの抜きにしても普通にかっこ良かった。

後ろの人が「ボーカル、よ◯ぺに似てへん?」って言ってたけど、ふざけんなすごい同意だわ。自分もちょっと思ったわ。

 

そして終わった頃には完全に土砂降り状態。今からお楽しみのメイン3アーティスト…!っていうところで雷ひどすぎるし、雨もえぐいし、ってなりまして。最初は待機してたけど多分無理だろうって判断して、自分たちは一足先に帰路につきましたとさ。

いや、今思い出しても本当にひどかった。シャトルバスの外が真っ白で何も見えないレベルの雨。乗降場になってグラウンドは軽く水張ってる状態なってた。そりゃあ中止にもなる。

 

今回、友達も自分も学生最後の夏フェスだったのにこんな感じで終わってしまって悔しさしか残らなかったんで、絶対リベンジすることを、ここで誓っておきます。

 

-THE ORAL CIGARETTES セトリ-

 1. 気づけよBaby

 2. 起死回生STORY

 3. STARGET

 4. DIP-BAP

 5. カンタンナコト

 6. 狂乱 Hey kids!!

 

0818 HEY-SMITH

奇跡的にチケットを譲ってもらえたので、行って来ました。

f:id:clutch110:20161022143647j:plain

譲ってくれた友達には土下座の勢いで感謝している。

 

この対バンが発表されたとき、真っ先に思ったのが「縁舞ツアーの復活か!」だった。

2年前にレンジ主催で縁舞ツアーというものがあり、大阪の公演ゲストがヘイスミで。そして、それが自分にとってのヘイスミとの出会いだったりする。

その頃はまだメロコアに馴染みがなくて、モッシュやダイブに全く縁がなかったんで、初めてヘイスミのライブを見たときは本当にド肝抜かれた。何じゃこのハードなライブは!?と。

しかも、ヘイスミのファンのおかげでレンジの時にもモッシュやダイブやモッシュを大量に引き起こしてくれて、いつもなら(言い方悪いけど)棒立ちのライブがめちゃくちゃ楽しかった。化学反応ってすごい。

 

そんな思い出もあって、これは行くしかないだろうと。でもヘイスミっていつも先行終わって、残すは一般だけって時に発表するんですよね。

(自分含め)こうやって対バン相手が目当てのファンは淘汰されるわけだ。よく考えられてるよな…。

まあ当たり前だけど一般はもちろん完敗。キャパも小さいだけあって、チケットの譲りも全く見つからず…。本当に無さすぎてほぼ諦めてたところに、友達の救いの手が舞い降りたわけです。まじでスライディング土下座の勢いで感謝している。

 

ライブの感想は、ヘイスミ最高!!!!!!!に尽きる。もう正直言うけど、レンジ割とどうでも良かった!!!(セトリが安パイすぎて書くことないw)

やっぱり主催バンドが変わると、フロアもガラッと変わる。ヘイスミファンがメインのフロア超楽しすぎてびっくりした。むしろレンジT着てきてごめん!って感じ。今すぐ脱いでヘイスミ組になります!!!的な気持ちだった。

1曲が短い分、曲数が多い多い。途中水分足りなさすぎてドリカンに走り込んだぐらい。いつもの定番曲から最新のアルバム曲まで、一通りしてくれたからかなり得した気分になった。何より、トリプルアンコールに応えてくれた猪狩さんがイケメンすぎてな…!出てきてくれた時本気で感動した。胸熱ってやつです。あの泥臭い、バンド!!って感じの音が大好きだ。

後、初ワンマン告知MCの後に、今までしてこなかった理由は「打ち上げがおもんないから」って言ってのけるのめちゃくちゃ面白かった。飲みで決めんのかい!っていう。

本当に行けて良かった。最高に熱い夜でした。

 

-ORANGE RANGE-

(ヘイスミのセトリが見つからず…)

 1. 上海ハニー

 2. Special Summer Sale

 3. 以心電信

 4. SUSHI 食べたい feat.ソイソース

 5. おしゃれ番長

 6. 祭男爵

 7. イケナイ太陽

 8. チェスト

 9. キリキリマイ

 

0812 ヤバイTシャツ屋さん

出た、出ました。新進気鋭、予測不可能、SNSネタバンド。disってないよ。

f:id:clutch110:20161022143435j:plain

ワンマンが発表された時点で、正直ソールドは難しいって言われてたし、自分も思ってた。だからチケ代も881円という格安仕様。

それなのに!

公演日に近づくにつれて増えていく譲ってくださいツイート。それをひたすらRTする公式アカウント。どないなってるんですか。信じられないぐらいの快進撃を見せるバンド、それがこのヤバTです。

 

ライブの感想としては、まあそうっすね、うん、とりあえずネタ多すぎかな…!それがヤバTの持ち味なんで!って言われてしまうとそこまでやけど、個人的にはもうちょっと曲してほしかった(小声)

だってさ!ワンマンだぜ!?Don't Stop SNSとか聴けるかな~?ってめっちゃワクワクしてたんだぜ?「どうもこんにちは~!〇〇ですぅ~!」のくだり長いわぁ。長い。なんならぶっちゃけるとくどい!(ドーーーン)

でも初っ端のタンクトップワールドは嫌いじゃなかった。他のバンドやと絶対しない、ていうか考え付かないであろうことを実行してくるあたりは強いよなあ。

 

そしてそして、噂になっていたメジャーデビュー。とうとう決まりましたね~おめでたい。しかも10-FEETの後輩で?テイラーと同じ所属?もはやどこから驚いたらいいのか分からないレベルの大人がついてて驚き。薄々そうかな、とは思ってたけどいざ目の前で発表されたら、やっぱり感動するもんですな。隣の女の子二人は泣きすぎて足元に崩れ落ちてた。そりゃ嬉しいよな、良かったね。

メジャーになった途端、曲や方針がガラッと変わるバンドはたくさんいるけど、ヤバTはそのあたりの心配全く無さそうだなーと。メンバー自身がそう言ってたし。良い方向に変わっていきたい、とは言ってたかな?(うろ覚え)

個人的に、ヤバTはファンの意見をすごい聞いてるバンドやと思ってて。CDやチケットの売り方にしろ、転売対策にしろ、ファンが普段思ってることを率先して解決できるように行動してくれてるイメージがある。だから、そのあたりの心配はなさそう。

後、良かったなと思ったのは、小山さんの口から「よくなんであんなお遊びバンドが…って言われるけど、そんなわけないやん。努力してるに決まってるやん。」って言葉が聞けたこと。普段は本当にネタやふざけの話題性が大きいけど、ちゃんと真面目にバンドのこと考えてはるんやなぁと分かったんで、それだけでも言って良かったライブでした。

 

ちなみに、この数時間で一番学んだことは

「FUZZの田原さんとユニバーサルは頭おかしい」(メンバー談)だった。

 

-セットリスト-

第一部

 1. We love Tank-top

 2. Tank-top of the world

 3. メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲 

 4. L・O・V・Eタオル

 5. DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ

 6. 流行りのバンドのボーカルの男みんな声高い

 7. I wanna go home

第2部

 8. 喜志駅周辺なんもない

 9. 天王寺経由してなんば

10. ウェイウェイ大学生

11. 天王寺に住んでる女の子

12. 無線LANばり便利

13. スプラッピ スプラッパ

14. あつまれ! パーティーピーポー

-en-

15. ネコ飼いたい

 

 

 

0702-03 京都大作戦2016

ついに行ってきたぞーー!玄人ライブキッズの集まるあの丘へ!

f:id:clutch110:20161022031842j:plain

否、京都大作戦である。(iPhoneケースのせいで、写真が晴天に見えないのはご愛嬌。)

去年はチケットが全く当たらず、泣く泣く物販スタッフとして(またか)太陽ヶ丘にいた自分。お仕事中なので、もちろん丘は降りてません。

ってことで、今回初めて丘を降りてきやした。ちなみに、スタッフはスタッフで超タノシカッタデ(「゚Д゚)「ガウガウ 

 

さて、今年はバッチリ1次先行で2日通し券を確保からの、格安で宿も確保。関西在住の癖に、早起きが無理すぎて迷いなく泊まりを選択した私である。

2日間、本当に色々なバンド見たし、それぞれにたくさんの感想はあるけども、とりあえず言いたいことは「10-FEETすげぇ」しかない。本当にすごかった。

京都大作戦をずっと開催してることも、あの熱いメンツを呼び込めることも、沁みるMCも、最高のライブも。どれを取っても最強でしかなかった。

 

2日目の最後、アンテナラストのMCあたりから涙が止まらなくなって、ビックリするぐらいずっと泣いてた。この楽しすぎた2日間が終わるのか…って思ってしまって、演奏聴きながらボロボロ涙出てきて、終わりたくねー帰りたくねーとか、ずっとここにいさせてくれーって感情しかなかった。みんなが毎年この丘に戻ってきたくなる理由が分かった。確かに帰りたくなる。

裏方も演者もオーディエンスも、全員が一体になって作り上げる大作戦のあの空気感は、きっと他のフェスでは体験できない独特の雰囲気だと思う。だからこそ、年に一度、その空気と雰囲気を味わうためにみんな毎日働いて勉強して頑張って、チケットもぎ取って、またここに集まるんだなあと。

 

ここからは個々の感想。

まず2日間のうち、テンフィ抜きでベストアクトだったのは湘南乃風。めちゃくちゃ楽しかった。タオルあんなにぶん回すことある!?黄金魂モッシュ超気持ち良かったーー!!後はやっぱり、純恋歌を生で聴けたのが大きかったかな。美味しいパスタ作ったお前ね。

WANIMAとフォーリミは源氏の会場だったにも関わらず、満員ですごかった。特にWANIMA。朝イチから人で埋まってるのはここ数年でもかなり珍しいらしい。人気の凄さがうかがえますな〜。実際BIG UPきた瞬間前突っ込んだわ。分かるよ。なんせ楽しい。

MONOEYESは言わずもがな、全部が熱かった。今回唯一ダイブしてしまったバンド。まあ、ダイバー大量すぎて落ちたんですけどw白Tが速攻で茶色くなったのも思い出の一つ、ってことで。

笑わせてもらったのは四星球。正直、ジャンル的には完全アウェイやったのを惹きこんでたのは流石!としか。康雄さんの全力には、見てるこっちも気付いたら巻き込まれてるんだよなあ。にしても「時間がないときのRIVER」あれはズルい。みんなリフト降りるタイミング無くしててめちゃくちゃ笑った。

 

ザッとこんなもんですかな。初めてライブ見たバンドもたくさんあったし、そのあたりはこれから音源ちょこちょこ揃えていけたらいいなあ…と。

後、知り合いとたくさん出会えてとても嬉しかった。やっぱり同じものを好きな人同士で集まれるのは、ライブ、フェスの特権だな。初対面の人にもたくさん親切にしてもらったし、本当に大作戦のお客さんはバンド愛に溢れてる。年齢層もバッラバラやし、みんなが通ってきた道なんやな〜と思うと感慨深いものがあった。

来年も絶対に行きます、京都大作戦

 

-10-FEET-

1日目セットリスト

 1. goes on

 2. 4REST

 3. super stomper

 4. Freedom

 5. nil?

 6. 1sec.

 7. アンテナラスト

 8. RIVER

9. TRUE LOVE(藤井フミヤ

-en-

10. その向こうへ

11. 風


2日目セットリスト